女性が気をつけたい性病の1つが淋病!自覚症状が乏しいらしい!

一般的に性病・性感染症(STD)といえば男性なら痛みや膿が出るなどの自覚症状が現れるので感染の有無がわかりやすい傾向があります。しかし女性の場合、おりものが増えたりしても、それが性病に感染したことにならないため、なかなか気がつきにくい傾向がある感じです。

性病といえばクラミジアが男女共に感染者が多いのですが、その次に多いのが淋病(淋菌感染症)です。淋病は、尿道が炎症を起こす性病のことで、尿の勢いは無くなることから淋病(尿が淋しく出るの意味のようです)と名前がついたそうです。この淋病の感染経路は、性交のほかにも、オーラスセックスにより喉・肛門からも感染するそうです。

なお性病検査キットでも淋病を調べる場合、「のど」対応かどうかチェックするといいです。

次に淋病の自覚症状ですが、感染すると数時間から数日で発症するそうです。男性は、尿道痛や膿が出るのですぐに感染の可能性が確認できるのですが、女性だと自覚症状に乏しいため、数ヶ月も無症状というケースもあるそうです。中には「おりもの」が増えることがあるそうですが、これが性病に感染した思わないことが多いので見過ごして悪化させることも多いようです。なお女性が淋病を放置すると、骨盤に達して妊娠や出産にも大きく関係してくるといわれています。

淋病の診断・検査方法は、男性なら分泌物のサンプルさえあれば90%以上の確率で確認できるそうです。しかし女性だと、例え感染していても感染者の60%程度しか判別できないというデータもあるそうです。

また淋病は、男性に多いといわれていますが、正しくは女性は感染者の自覚症状が乏しいので検査をするきっかけが無いためともいえます。とくに淋病は、弱い菌らしく、感染者の粘膜から離れると感染性を失うようです。女性の性病検査で感染の有無が確認しにくいのも、この辺と関係があるのかもしれません。男性は、膿が出るので確実に感染しているとわかりますからね。そのため男性に多い性病という認識は間違いといえますね。ここは気をつけたいところです。

また淋病は、男性は泌尿器科や性病科、女性は産婦人科・性病科で受診・治療します。喉に感染していれば耳鼻咽喉科です。治療方法は、抗生物質を投与すれば、数日から数週間で治癒するそうです。

淋病は、治療すれば短期間で治癒するのですが、まれに長期に渡ることがあります。それは耐性菌の場合です。抗生物質の乱用で耐性のある菌の場合、その治療は長期間になるそうです。
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 15:41 | 性感染症・性病のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性器ヘルペス!痛みで入院することもある性病・性感染症!長期治療が必要!

あまりの痛さで入院して治療することもある性病・性感染症がヘルペスです。正式には、性器ヘルペスと呼ばれ、単純ヘルペスウイルスにより発症する性感染症になります。この単純ヘルペスウイルスは、1型(口唇ヘルペス)と2型(性器ヘルペス)に分類できますが、近年のセックス事情もあり、あまり分類しないようです。

特に口に感染した口唇ヘルペスでオーラルセックスをすることで性器にも感染するため二次感染を拡大させる恐れも指摘されていますね。

特に性器ヘルペス初感染者の7割程度は、症状が出ない無症候性らしいです。一般的には、男性よりも女性の感染者が多いといわれていますね。

なお性器ヘルペスの症状は、感染後2日〜10日程度の潜伏期を経て水泡ができます。しばらくすると水疱が潰れて潰瘍状になり、色素沈着して治るらしいです。しかし性器ヘルペスは痛みを伴うのが一番の特徴です。特に潰瘍の痛みと、神経痛があるそうです。中には、この痛みのせいで日常生活もままならなくなり、入院して治療するケースもあるほどです。さらに患部近くの神経麻痺のため、排尿障害や排便障害の可能性もあるそうです。

そこで簡単にヘルペスの症状をまとめてみました。

・痛みを伴う水泡や潰瘍が外陰部にできる。排尿痛を伴うこともあります。
・ひどい痛みにより日常生活が困難になることがある。
・繰り返し発症する可能性あり!

次に性器ヘルペスの治療方法を紹介します。

基本的に性器ヘルペスは、再発抑制療法として抗ヘルペス剤(バルトレックス・ゾビラックスなど)を1年程度服用する方法と、抗ヘルペス剤軟膏を塗布する2つの治療方法がとられます。現在ヘルペスウイルスを体から排除する完治薬は、できていないため再発治療や再発予防治療が中心となるわけです。また治療期間が長いこともあり保険適用になるらしいので、治療前に確認しておくといいです。

またヘルペスウイルスは、繰り返し発症する恐れがある性病ですが、これは神経節などに潜伏して風邪・ストレスなどで体の免疫力が落ちてきた時に再発するそうです。女性だと月経ごとに性器ヘルペスが発症して、精神的に追い込まれてしまう方もいるほどだそうです。そのため根気強く長期治療が必要になるわけです。
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 10:06 | 性感染症・性病のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病で感染者が一番多いのは?男女共に多い性器クラミジア感染症!

性器クラミジア感染症は、日本で感染者が多いといわれている性病・性感染症(STD)です。実際にどのぐらいの感染者がいるのか気になりますが、あるデータでは100万人以上というデータがあります。

なお感染者については、自覚症状が現れている場合はいいですが、自覚症状が現れていないケースもあるので、潜在的な感染者としてはもう少し多いのかもしれません。

特に男性の場合、性器クラミジア感染症にかかると膿が出たり、痛みを伴うことが多いので、すぐに性病に感染したことがわかるケースが多いです。但し女性の場合、自覚症状が無いケースも多く(一応おりものが増えることがあるそうですが)、性病に感染したことが分からないことがおおいそうです。

そのため特に男性が性病治療をする場合、パートナーも一緒に治療した方が二次感染を防ぐ意味でも効果があるといわれています。それ以前に、女性の性病感染は妊娠や出産に大きく関係するので、思い当たることがあるなら匿名郵送型の性病検査キットなどを活用して検査してみることをオススメします。

性器クラミジア感染症の発症は、感染後1〜3週間程度で自覚症状が現れるといわれています。少し気になることがあれば、早めに検査した方がいいですね!なおクラミジアに感染しているとHIV(エイズウイルス)に感染する確立もあがるそうです。一説では、3〜5倍なんていわれています。自覚症状が無くても、不特定多数の異性と性行為をしているなら定期的に検査したいところです。
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 15:12 | 性感染症・性病のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルシーフィット(性病検査キット)の精度は?病院での性病検査と同じなの?

最短翌日に検査結果『性病検査キット セルシーフィット』セルシーフィットは、性病検査キットの中ではかなり精度の高い検査を実現しているそうです。この郵送検査は、国から認可された「登録衛星検査所」で高い精度で検査されます。なお登録衛星検査所というのは、法律で定められた施設や検査ができる場所です。要は、病院と変わらない高い信頼性があるそうです。

次に検査結果の精度についてですが、特に綿棒でおこなう検査については、自分で面貌を使った自己採取になるので、病院の医師が採取する方法と比べると多少の不安を感じてしまいますね。

そのため検査方法としては、最も精度の高い方法(PCR法)での検査(遺伝子検査になるそうです)でおこなわれます。そのため、例え自己採取といっても、かなり信頼性の高い検査が実現できるわけです。

セルシーフィット(性病検査キット)の検査方法について


一般的に性病検査では、医療機関や医師によって、その検査方法が異なるそうです。そこでセルシーフィットの性病検査では、感染の有無をチェックするよりも、臨床に近い検査方法が採用されているそうです。

これは簡単にいえば、病院や保健所と同じ精度の検査方法を採用しているということです。さらに検査方法として、豚インフルエンザ検査に採用されたトリコモナスの遺伝子検査「PCR法」を群馬大学と共同研究開発したそうです。

そのため郵送による性病検査ではありますが、かなり高い精度で検査されるわけです。男性・女性の性病検査(匿名検査)にはセルシーフィットがオススメといえそうですね。

検査は自宅、結果はモバイルで! 誰にも知られず性病検査
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 07:55 | セルシーフィットの精度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。