女性が気をつけたい性病の1つが淋病!自覚症状が乏しいらしい!

一般的に性病・性感染症(STD)といえば男性なら痛みや膿が出るなどの自覚症状が現れるので感染の有無がわかりやすい傾向があります。しかし女性の場合、おりものが増えたりしても、それが性病に感染したことにならないため、なかなか気がつきにくい傾向がある感じです。

性病といえばクラミジアが男女共に感染者が多いのですが、その次に多いのが淋病(淋菌感染症)です。淋病は、尿道が炎症を起こす性病のことで、尿の勢いは無くなることから淋病(尿が淋しく出るの意味のようです)と名前がついたそうです。この淋病の感染経路は、性交のほかにも、オーラスセックスにより喉・肛門からも感染するそうです。

なお性病検査キットでも淋病を調べる場合、「のど」対応かどうかチェックするといいです。

次に淋病の自覚症状ですが、感染すると数時間から数日で発症するそうです。男性は、尿道痛や膿が出るのですぐに感染の可能性が確認できるのですが、女性だと自覚症状に乏しいため、数ヶ月も無症状というケースもあるそうです。中には「おりもの」が増えることがあるそうですが、これが性病に感染した思わないことが多いので見過ごして悪化させることも多いようです。なお女性が淋病を放置すると、骨盤に達して妊娠や出産にも大きく関係してくるといわれています。

淋病の診断・検査方法は、男性なら分泌物のサンプルさえあれば90%以上の確率で確認できるそうです。しかし女性だと、例え感染していても感染者の60%程度しか判別できないというデータもあるそうです。

また淋病は、男性に多いといわれていますが、正しくは女性は感染者の自覚症状が乏しいので検査をするきっかけが無いためともいえます。とくに淋病は、弱い菌らしく、感染者の粘膜から離れると感染性を失うようです。女性の性病検査で感染の有無が確認しにくいのも、この辺と関係があるのかもしれません。男性は、膿が出るので確実に感染しているとわかりますからね。そのため男性に多い性病という認識は間違いといえますね。ここは気をつけたいところです。

また淋病は、男性は泌尿器科や性病科、女性は産婦人科・性病科で受診・治療します。喉に感染していれば耳鼻咽喉科です。治療方法は、抗生物質を投与すれば、数日から数週間で治癒するそうです。

淋病は、治療すれば短期間で治癒するのですが、まれに長期に渡ることがあります。それは耐性菌の場合です。抗生物質の乱用で耐性のある菌の場合、その治療は長期間になるそうです。
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 15:41 | 性感染症・性病のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。