性器ヘルペス!痛みで入院することもある性病・性感染症!長期治療が必要!

あまりの痛さで入院して治療することもある性病・性感染症がヘルペスです。正式には、性器ヘルペスと呼ばれ、単純ヘルペスウイルスにより発症する性感染症になります。この単純ヘルペスウイルスは、1型(口唇ヘルペス)と2型(性器ヘルペス)に分類できますが、近年のセックス事情もあり、あまり分類しないようです。

特に口に感染した口唇ヘルペスでオーラルセックスをすることで性器にも感染するため二次感染を拡大させる恐れも指摘されていますね。

特に性器ヘルペス初感染者の7割程度は、症状が出ない無症候性らしいです。一般的には、男性よりも女性の感染者が多いといわれていますね。

なお性器ヘルペスの症状は、感染後2日〜10日程度の潜伏期を経て水泡ができます。しばらくすると水疱が潰れて潰瘍状になり、色素沈着して治るらしいです。しかし性器ヘルペスは痛みを伴うのが一番の特徴です。特に潰瘍の痛みと、神経痛があるそうです。中には、この痛みのせいで日常生活もままならなくなり、入院して治療するケースもあるほどです。さらに患部近くの神経麻痺のため、排尿障害や排便障害の可能性もあるそうです。

そこで簡単にヘルペスの症状をまとめてみました。

・痛みを伴う水泡や潰瘍が外陰部にできる。排尿痛を伴うこともあります。
・ひどい痛みにより日常生活が困難になることがある。
・繰り返し発症する可能性あり!

次に性器ヘルペスの治療方法を紹介します。

基本的に性器ヘルペスは、再発抑制療法として抗ヘルペス剤(バルトレックス・ゾビラックスなど)を1年程度服用する方法と、抗ヘルペス剤軟膏を塗布する2つの治療方法がとられます。現在ヘルペスウイルスを体から排除する完治薬は、できていないため再発治療や再発予防治療が中心となるわけです。また治療期間が長いこともあり保険適用になるらしいので、治療前に確認しておくといいです。

またヘルペスウイルスは、繰り返し発症する恐れがある性病ですが、これは神経節などに潜伏して風邪・ストレスなどで体の免疫力が落ちてきた時に再発するそうです。女性だと月経ごとに性器ヘルペスが発症して、精神的に追い込まれてしまう方もいるほどだそうです。そのため根気強く長期治療が必要になるわけです。
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 10:06 | 性感染症・性病のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。