性病検査キット選びのコツ!陽性反応が出た場合のことを考えてみてもいいかも!

気軽にできる性病検査キットとして匿名。郵送型の検査キットが人気です。代表は、STDチェッカーセルシーフィットかもしれません。特に差があるわけではないのですが、この2つの性病検査キットを比較してみたいと思います。一番の特徴は、セルシーフィットの方が性感染症の特徴に合わせた検査方法を採用している点です。そのため、より高い精度の検査結果が期待できます。さらに陽性反応が出た場合のことを考えると、病院で最初から検査をするのは面倒なこと!基本的に性病検査キットで陽性反応が出た場合でも、病院では最初から性病検査をするケースが多いです。これは検査方法が異なるためです。その分の費用も加算されます。ただセルシーフィットの場合、提携クリニックの紹介制度があるので、陽性反応後にそのまま治療を開始できるメリットもあります。これは便利といえそうですね!
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 15:11 | 性病検査キット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乳がん検査!自己検査や定期検査のこと!

早期発見できると、乳がんは治すことができる病気とされていますね。当然、適切な処置も必要ですが!初期の段階では、自己検診では『しこり』が分からないともいわれますが、乳がんを早期発見するためには、月1回の乳がん 検査キットなどを使った自己検査と、年1回の病院での定期検査が必要かもしれません!なお乳がん絡みの症状で病院にくる方の症状で一番多いのが乳房の痛みといわれています。その次に、腫れ・違和感・しこり・分泌物といった症状などといわれています。ですが、これら全ての症状が乳がんに直結するわけではないようです。特に乳房の病気は、乳がん意外に乳腺症・線維腺腫などもあります。自己判断で不安になりすぎないようにしたいものです。それでも乳がん患者の8割以上は、自分で『しこり』などを発見したなんてデータもあるようです。検査は定期的に、判断は専門医にといったところですね!
タグ:乳がん
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 13:58 | 乳がん検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【女性】20歳を超えたら定期的に検査したいのが『乳がん』かも!

先進国の中で乳がんによる死亡率が増加しているのは日本だけらしいね。特に日本の場合、乳がんに対する定期健診が一般化していないことが原因らしい!だからピンクリボン運動とかして、乳がんに対する啓蒙活動をしているのが実情みたい。セルシーフィットには、乳がん 検査キットもあるんだけど、意識の高い女性しか利用しない難点もあるみたい。もう少し、乳がんに対する意識が高まってくれるといいけど!ちなみに乳がんって、早期発見できるとかなり高い確立で完治できるらしいね!
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 09:14 | 性病検査キット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性病検査キット!郵送検査の一番の問題点とは!

そもそもセルシーフィット 性病検査キットなどの郵送検査の一番の問題点は、郵送による時間の経過といわれています。検体採取から検査までの時間が病院と比較して長くなるので、精度の高い検査ができないといわれてきました。それを解決したのがトリコモナスの遺伝子検査『PCR法』と呼ばれる検査方法です。これは、セルシーフィットと群馬大学が共同研究開発したもので、豚インフルエンザの検査としても採用されている方法です。この検査方法のおかげで郵送による時間経過にも支障の無い検査方法を実現しているのだそうです。
タグ:郵送検査
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 10:30 | 性病検査キット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高齢者のエイズ感染者が増加中!?感染者5人に1人が50代なんてデータも!

若年層だとカップル同士で性病検査することが意外とあるけど、高齢者の場合は性病検査しないことが多いらしいね。そもそもエイズって若い世代(20代)の性感染症のイメージがあるけど、最近では変わってきているみたい。感染者の高齢化らしいけど、当然クラミジアなんかも感染者の高齢化しているのかな?

HIV感染者 20%は50代以上、最高齢は男性82歳、女性70歳(NEWSポストセブン)
http://www.news-postseven.com/archives/20110605_22006.html

 エイズが医学的に認知された1980年代初頭から1990年代に比べると大きく報道されることはなくなったが、日本では確実に感染者が増えている。既にエイズ患者とHIV感染者1 件の合計数は1万8000人を超える。

「2008年まではHIV検査を受ける人が増加したのに比例して感染者数も増えていた。2009年は検査数が減少したのに伴って感染者数も減少。ところが昨年は、検査数が減っているにもかかわらず、感染者数が増えた。これは、人口全体に占める感染者の割合が増えているからだと考えられます」(厚生労働省疾病対策課担当者)

 また、日本においては「同性愛者の病気」「海外で買春してもらってくる」といったイメージが強かったが、それは過去のもの。近年では新規判明者のうち同性愛者の占める割合は5割ほどに減っている。また、数の上では海外ではなく国内での感染が圧倒的に多いのだ。

 そして今回判明した調査結果でとりわけ顕著なのは、感染者の“高齢化”が進んでいることだという。

「昨年のデータでは、40代以上とともに60代以上の新規感染者数が増えています。例えば、熱が出るなど体調が悪いため、風邪かと思って病院に行き、“念のため”ということでHIV検査を受けて感染が見つかったり、なかにはカポジ肉腫やカリニ肺炎が発症してから、エイズを発症していることがわかったケースもあります」(同前)

 感染者の高齢化は、現場の医師らも実感している。独立行政法人国立国際医療センターエイズ治療・研究開発センターの本田美和子医師がいう。

「当院では3000人あまりの患者さんを診ていますが、その5人に1人は50代以上。現実問題として、エイズは決して若い人の病気ではありません。診断時の最高齢は男性で82歳、女性でも70歳を過ぎた方が通院中です」

 しかも、高齢者の潜在的な感染者は相当数いると見られている。

「日本ではそもそもHIVの検査数自体が欧米に比べて格段に少ない。それでも若い人たちの場合は、つき合い始めたカップルが“ラブチェック”として一緒に検査を受けることが珍しくないのですが、中高年は検査にはほとんどいかない。実際の感染者はずっと多いのでは」(前出・厚労省疾病対策課担当者)
タグ:エイズ HIV
posted by セルシーフィット(性病検査キット) at 09:32 | 性病ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。